■日本有数の清流・長良川の映画を作ろう!:1300年の歴史を持つ鵜飼いで知られる長良川を舞台にした劇映画「長良川スタンドバイミー1950」を作る計画が進行しています。
原作は「岐阜弁が生きている」と絶賛された小島信夫文学賞受賞作(松田悠八著 作品 社刊)、時代は昭和25年(1950年)、日本中が輝いていた頃の物語です。

■計画進行中!:活躍するのは長良川で遊ぶ子どもたちですが、本当の主人公は長良川その ものです。空から、水中から、さらに四季を通して長良川の美しい姿を撮影し、戦後 昭和の素敵なファンタジーを仕立てようという構想のもとに、東宝出身の松本正志監 督を中心とする映画スタッフはすでに県下各地を回り数十回のロケハンを敢行、シナ リオも2012年に刷新され、出来映えの良さが注目されています。

 

最新情報はブログをご覧ください。

 

■劇映画「長良川スタンドバイミー1950」イメージクリップのご紹介

 

劇映画 「長良川スタンドバイミー1950」 イメージクリップ1